JUNKOのえっとのこたーないブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長い間ブログが停滞しておりますが、この時期とにかくやるべき事が多く、手が回りません。
しばらくお待ちくださいませ。
スポンサーサイト
先日このブログにも登場したSkypeで知り合ったトルコの友人と相変わらず交流が続いています。
普段はテキストチャットでローマ字でメッセージをやりとりしているのですが、日曜日にひさびさにヘッドセットを使って会話をしました。

するとどうでしょう!日本語が上手くなってる!!
発音も良くなっているし、文法もかなりまともになっています。ほとんどの会話が理解できます。

それを本人に伝えると、「JUNKOさんとのメッセージのやり取りで鍛えられたのと、JUNKOさんが私の日本語に慣れてきましたネ」と言います。あぁそうか。確かに私は表現が間違っていたら容赦なく訂正してきたし、間違っているとまでは言えないけどどこか奇妙な日本語に慣れてきたかもしれません。しかし何にせよ、日本語が上達しているのは確かなようで、日本語の先生を自負している私も一安心です。

時々、どうしてそんな事まで知っているの?と聞きたくなるほどよく日本語や日本の事を知っていることがあります。

たとえば先日、メッセージのやり取り中に、「JUNKOちゃんと呼んでいいですか?」と聞いてきました。私の方が年下なので、そう呼ぶものだと思っているようです。
しかし私はその質問を受けたとき、たまたまテレビに熱中していて、しばらくメッセージを返すのを放って置いたら、

JUNKOちゃん
JUNKOさん
JUNKOさま
へいか
Miss JUNKO
だいじょうぶ?

と聞いてきました。ふとパソコンを見たらこう書いてあったので、私は思わず笑ってしまいました。陛下なんてよく知ってますよねぇ本当に。そして私が何でもいいですよと答えると、その時はじゃぁJUNKOちゃんにしようと落ち着いたはずなのですが、その後はまたなぜかJUNKOさんに戻っています。一番呼びやすいのでしょうかね。

そんなこんなでとても楽しくお喋りをしているのですが、このトルコの友人のおかげで、私はとある日本人女性と知り合うことができました。トルコ在住のこの女性に私はすごく感銘を受ける事になるのですが、それはまた別の話で・・・
 先の3連休では、家でゴロゴロしている必要があり、とても退屈していたので、ひさびさに映画の007シリーズを見ました。最近Gyaoで無料配信しています。

 今回私が見たのは、第2作目の「ロシアより愛をこめて」と第3作目の「ゴールドフィンガー」です。私が幼いころ、我が家は映画一家だったので、家族で何度も見ていた映画ですが、昔分からなかった部分が理解できてとても新鮮でした。たとえば、007ことジェームス・ボンドは英国の情報部員なわけですが、この英国の情報部員っていう意味が幼い私にはまったく分かっていませんでした。なんとなく正義の味方、空を飛ばないスーツを着たスーパーマンくらいに思っていました。よくそんな認識でこの映画が面白いと思っていたものです。

 そして映画を見ていてふと思ったのですが、ひょっとしたら、ジェームス・ボンドって弱くはないでしょうか?すぐに敵に捕まったり、後ろから殴られて気を失ったりしています。そしていつも何かしらの運が良くて助かっている感じ?ただの強運の持ち主のように見えます。さらには、ショーン・コネリーの身のこなしが不器用というかなんというか、運動音痴っぽい印象を受けて、より一層弱さを強調していました。

 しかし、何はともあれジェームス・ボンドはほんまにエロジジイですな。綺麗な女性に目がないにもほどがあります。女性の敵です。しかし、この野郎と思いながらもほんの少しだけ、本当に少しだけ、カッコいいと思ってしまうのは、女性の悲しき性ですかな・・・
 待ちに待った3連休。いざ休みになってみると何もせず家でベッドの上に横たわっています。昨日仕事でどうしても長時間座っておく必要があり、腰が痛いのを我慢して座っていたせいか、今日はまた一段と腰が痛いようです。 まぁしばらくは静養するのは仕方ないですね。とにかく早く治って欲しいものです。

 そんなわけで昨夜も同じくゴロゴロして暇をもてあましていたら、以前からSkypeでやり取りしているトルコ人がまたまたSkypeで話しかけてきたので、ここぞとばかりに話をしました。今回初めて、ヘッドセットを使ってちゃんと会話をしました。
 しかし、正直日本語が聞き取りにくい・・・回線の状態もあまり良くなくて途切れたりする上に、なんとも微妙な発音&文法の日本語をお話になるので、よく分からないけどとりあえずやり過ごすことが多かったです。あぁ~多分私の英語もこんな感じなんだろうなぁ~と思いました。ちゃんと話がしたければ、しっかり勉強しないといけませんね。発音の練習も怠ってはいけません。

 ただ、とっても楽しかったのが、彼に自宅(イスタンブール)の住所を教えてもらい、Google Mapを使ってそこにアクセスし、航空写真を見ながら話をしました。なんとまぁ、彼のアパートの中庭や、裏の家のプールや、表の駐車場の車まで見えるので驚きです。航空写真なのでリアルタイムの画像ではないですけどね。それにしても恐るべしGoogle Map。
 そして、私が地図上で好きに動きまわり、めぼしい建物を見つけては、「このOtosanA.S.ていう建物は何?」「この公園は何?」と聞いていきました。すると彼は、「それはOtosanという自動車の会社ですよ」とか、「今は観光地になってる宮殿ですよ」とか、「それは墓地ですよ」とか、「それはムスクと言ってイスラム教の教会です」とか、「そのまままっすぐ行っても何もないから南に下ってください」とか答えてくれます。しかも、さすがにガイドさんなので、「そこの軍の施設は4つの塔があって、その内のひとつにナイチンゲールが看護していた」とか、「ビザンティン帝国時代の建物だ」とかとても詳しく解説してくれました。ヴァーチャル旅行をしている気分で、とっても楽しかったです。彼も「JUNKOさん、イスタンブールに居るみたいネ」と言っていました。
 おかげで、イスタンブールの「アジア側」と「ヨーロッパ側」、「旧市街」と「新市街」の位置くらいは分かるようになりました。ちなみに「アジア側」と「ヨーロッパ側」は海峡で別れていて、大きな橋で結ばれているのですが、この橋は日本が建設したんだそうです。以前フィリピンの「セブ島」と「マクタン島」を結ぶ橋も日本が建設したとフィリピン人の英語の先生から聞いたことがあります。日本はけっこう海外の橋を建設してるんですねぇ。そしてそれを現地の人はよく知っているんですね。興味深いです。

 今回は、私のPCがリカバリ直後でGoogle Earthが入っていないからやむを得ずGoogle Mapで話をしたのですが、次回はGoogle Earthをインストールして話をしたいです。Google Earthだと航空写真だけではなくてさらに有名な建物や遺跡の写真なども地図上から見ることができるから、より面白くなることでしょう。次はカッパドキアやヒエラポリスとパムッカレに行ってみるもの良いかも。うーん。楽しそう。

 最近Skypeを使って通信することが多いのですが、Skypeを使ったワーム(ウィルス)にまんまと感染してしまいました。私とした事が・・・(ーー;)

 昨日感染して、なんとか手動で駆除しようと思いいろんなサイトを調べたのですが、めぼしいサイトがなかったので、やむを得ずWindowsをリカバリしました。やでやで。まぁ私は職業柄リカバリには慣れていて何の抵抗もないところが唯一の救いです。

 しかし、本日いろんなサイトを調べてみると、今日付けでたくさんのニュースが掲載されていました。私は流行の最先端(?)をいっていたのですね。

 私はSkypeのワームがあるとは知らなくて、まさかSkypeでそんな事が起きるとは思いませんでした。ここには、私はある程度IT関連には詳しいつもりでいたので、私が知らないという事は世間にそういうものはないのだろうという、驕りがあったように思います。今回はそういうわけで引っかかってしまいましたが、今後はより一層の用心をしていくとともに、何事も驕るべからずですな。
 私のパソコンは、起動と同時にSkypeという通信ソフトを立ち上がる設定になっています。よって、パソコンを起動している間中Skypeにログインしているような状態なのですが、ずっとログインしていると、たま~に見知らぬ外国人の人から話しかけられることがあります。
 なんとなく気味が悪いので、最初はあまり返事をしないようにしていたのですが、たまには国際交流もよかろうかと思い、先日韓国人から話しかけられたときに返事をしてみました。マイクやカメラを使っての通信は面倒なので、チャットで文字を使ったやりとりでした。相手は韓国人だというのですが、日本語が理解できるみたいで、日本語でやりとりしました。少し変な日本語ではありますが、ちゃんと漢字も使ってメッセージを送ってくるので感心しました。本当に韓国人かしら?とも思ったのですが、嘘をついても何のメリットもないようにも思うので、多分本当なのでしょう。

 また最近は、トルコ人からこれまたチャットの日本語で話しかけられました。ただしこちらは日本語とはいえ、ローマ字です。「konnichi ha」みたいな感じです。
20070826.jpg
彼はトルコの旅行会社で添乗員をしているらしく、日本語を話したり聞いたりは勉強したけど、読み書きは勉強していないようです。彼は私とのやりとりが日本語の良い勉強だと思っているみたいで、それ以降わりと頻繁に話しかけてきます。このブログを書いている今もチャットで話をしている最中です。半分ほどはたいぎぃ気持ちもあるのですが、トルコの事を聞ける機会もなかなか無いので、ローマ字会話にある程度つきあうことにしています。

 とりあえず、トルコでおススメの観光地はどこかと聞いてみると、カッパドキアとか、ヒエラポリスとパムッカレ(?)などに毎週仕事で行っているそうです。ネットで調べてみましたが、確かにかなり良さそうですね。Efesos、Antalya、Nemrut sanも良いと言っていました。これらはまだ調べていませんが、話を聞く限りでは良い所そうです。トルコには世界遺産が200~300ほどあるんだそうです。ちょっと行ってみたくなりました。

 今までまったくと言っていいほど、トルコには興味がありませんでしたが、改めて調べるとけっこう魅力的な国のようです。こういう新しい発見ができるSkypeやインターネットの技術ってすごいですね!!
昨日今日と墓参りに行ってきました。
岡山県の奥地です。スゴイ田舎です。あんまり田舎なので、みなさまに見てもらおうと思い、携帯で写真を撮ってみました。

家の近くに、水車があります。
200708132.jpg
つい最近までこの水車は動いていて、小屋の中では水車の力で精米をしていましたが、今日見ると動いていないようでした。たまたまなのか、壊れたのか・・・

お墓のある山です。前方の山へ入っていきます。
200708131.jpg
ヨタヨタと私の前を歩いているのは母です。水が重いようです。

山道です。
200708133.jpg
画像では明るく見えますが、実際は薄暗く、昼間でも一人で歩くのは怖いです。何かが出てきそうです。いつも何かが聞こえます(多分鳥の声です)

この山道を少しのぼったところで、せっせとお墓を掃除しました。日当たりの悪い場所なので、お墓にコケが生えていて、綺麗にするのが大変でした。昨日掃除したのですが、今日すでに身体のあらゆる部位が筋肉痛になっています。

ちなみに、ここは中国山地のおそらく最も高い場所あたりなのですが、とても涼しいです。掃除中は蚊に刺されるので長袖を着ていましたが、まったく気になりません。夏はかなり過ごしやすいです。

ちょっと孝行した気分になりました。
北京在住の友人がこんな画像をメールで送ってくれました。

200707231.jpg


北京で建設中のTV局だそうです。敢えて斜めに建てているんだそうです。
地震が少ない国とは言え、恐ろしいことしますなぁ・・・
先日、友人からパソコンを買うのでつきあってくれと言われたので、一緒にDEODEOに行き、購入のお手伝いをしました。そして、そのノートパソコンをひとまず私が預かって、メモリを増やしたり初期設定をしたり、必要なアプリケーションをインストールしたりしております。

今までWindows Vistaは扱った事が無かったのですが、私は職業柄新しい商品や技術は一応は把握しておく必要があるので、良い勉強になります。やはりWindowsXPとはいろいろ違いますねぇ。さらにOfficeにおいては、ど派手に変わりましたね。初心者向けにはなったかもしれませんが、今までの操作法に慣れている私にとっては、まぁ使いづらいです。
ほんと、Microsoftさんもいろいろやってくれますねぇアップロードファイル
我が家で飼っているスカーレットシュリンプが1匹死にました(ToT)
HOLOHOLOという商品でメンテナンスフリーでしたから、特に世話をすることなくただ見ていただけですが、やはり死ぬと寂しいものです。
1月に我が家に来ましたから、約4ヶ月くらい生きていたのですが、買った時には、もう少し早くに死んでしまうんじゃないかと思っていたから、まぁ長生きしたほうでしょうか。
他の3匹はなんとか元気そうです。今日は1匹が脱皮していました。少しでも長生きしてほしいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。