JUNKOのえっとのこたーないブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スリーピー(紙ジャケット仕様) スリーピー(紙ジャケット仕様)
松本英彦 (2006/12/20)
Sony Music Direct

この商品の詳細を見る


松本英彦さんのCDを買いました。
世界的テナーサックス奏者で、残念ながら2000年に亡くなられたそうです。実はこの方、私の高校の大先輩です。私が所属していた音楽部の前身のブラスバンド部に所属されていたらしいです。

私はこのスリーピー松本さんに一度お会いしたことがあります(一方的に)。私が高校3年生のときに創立80周年記念祭があって、松本さんがゲストとして演奏されたんです。その時に私の所属する音楽部のオーケストラが伴奏を弾きました。今にしてみれば夢の共演なのですが、当時は名前すら知らなくて、何やら有名なサックス奏者が来るらしいけど、本当に有名なのかしら?程度に思っていました。しかもジャズなんて聴いたことも無かったですから、ほとんどありがたみを感じる事もなく、まぁ念のためサインだけは貰っておこうと思ったりしていました。

その時に伴奏として演奏したのが、「黒いオルフェ」とか「Fly Me To The Moon」とかだったと思います。当日実際に松本さんの演奏を聴いて、分からないなりにも感動したのを覚えています。おかげで今もこの2曲は大好きな曲です。アンコールでは、「ふるさと(♪うさぎ追いしかの山)」をマイク無しで伴奏無しで(歌で言うとアカペラで)演奏されたりして、むちゃむちゃ感動しました。

そんなこんなで、実際演奏を聴いてこりゃすごい人だわと思ったのですが、それでも当時はまだ認識も薄く、せっかくいただいたサインもどこかに消え、せっかくその時に録画していたビデオもどこかに消えてしまいました。今にして思えばもったいね~もったいね~。

そして最近ふと、テレビだか何かで「黒いオルフェ」を耳にして、あぁあの時の演奏が聴きたいなぁと思い、せめてCDでも買ってみるかと思って冒頭のCDを買った次第です。改めて演奏を聴いてみると、私の思い出とはまた違った感じがしました。
きっと私自身がいろんな音楽を聴いたりライブに足を運んだりするようになって、当時とは聴き方が変わってきているんだなぁと思います。こうしてみると、あぁやはり今の私であの時の演奏が聴きたいものです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。