JUNKOのえっとのこたーないブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 待ちに待った3連休。いざ休みになってみると何もせず家でベッドの上に横たわっています。昨日仕事でどうしても長時間座っておく必要があり、腰が痛いのを我慢して座っていたせいか、今日はまた一段と腰が痛いようです。 まぁしばらくは静養するのは仕方ないですね。とにかく早く治って欲しいものです。

 そんなわけで昨夜も同じくゴロゴロして暇をもてあましていたら、以前からSkypeでやり取りしているトルコ人がまたまたSkypeで話しかけてきたので、ここぞとばかりに話をしました。今回初めて、ヘッドセットを使ってちゃんと会話をしました。
 しかし、正直日本語が聞き取りにくい・・・回線の状態もあまり良くなくて途切れたりする上に、なんとも微妙な発音&文法の日本語をお話になるので、よく分からないけどとりあえずやり過ごすことが多かったです。あぁ~多分私の英語もこんな感じなんだろうなぁ~と思いました。ちゃんと話がしたければ、しっかり勉強しないといけませんね。発音の練習も怠ってはいけません。

 ただ、とっても楽しかったのが、彼に自宅(イスタンブール)の住所を教えてもらい、Google Mapを使ってそこにアクセスし、航空写真を見ながら話をしました。なんとまぁ、彼のアパートの中庭や、裏の家のプールや、表の駐車場の車まで見えるので驚きです。航空写真なのでリアルタイムの画像ではないですけどね。それにしても恐るべしGoogle Map。
 そして、私が地図上で好きに動きまわり、めぼしい建物を見つけては、「このOtosanA.S.ていう建物は何?」「この公園は何?」と聞いていきました。すると彼は、「それはOtosanという自動車の会社ですよ」とか、「今は観光地になってる宮殿ですよ」とか、「それは墓地ですよ」とか、「それはムスクと言ってイスラム教の教会です」とか、「そのまままっすぐ行っても何もないから南に下ってください」とか答えてくれます。しかも、さすがにガイドさんなので、「そこの軍の施設は4つの塔があって、その内のひとつにナイチンゲールが看護していた」とか、「ビザンティン帝国時代の建物だ」とかとても詳しく解説してくれました。ヴァーチャル旅行をしている気分で、とっても楽しかったです。彼も「JUNKOさん、イスタンブールに居るみたいネ」と言っていました。
 おかげで、イスタンブールの「アジア側」と「ヨーロッパ側」、「旧市街」と「新市街」の位置くらいは分かるようになりました。ちなみに「アジア側」と「ヨーロッパ側」は海峡で別れていて、大きな橋で結ばれているのですが、この橋は日本が建設したんだそうです。以前フィリピンの「セブ島」と「マクタン島」を結ぶ橋も日本が建設したとフィリピン人の英語の先生から聞いたことがあります。日本はけっこう海外の橋を建設してるんですねぇ。そしてそれを現地の人はよく知っているんですね。興味深いです。

 今回は、私のPCがリカバリ直後でGoogle Earthが入っていないからやむを得ずGoogle Mapで話をしたのですが、次回はGoogle Earthをインストールして話をしたいです。Google Earthだと航空写真だけではなくてさらに有名な建物や遺跡の写真なども地図上から見ることができるから、より面白くなることでしょう。次はカッパドキアやヒエラポリスとパムッカレに行ってみるもの良いかも。うーん。楽しそう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。