JUNKOのえっとのこたーないブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日このブログにも登場したSkypeで知り合ったトルコの友人と相変わらず交流が続いています。
普段はテキストチャットでローマ字でメッセージをやりとりしているのですが、日曜日にひさびさにヘッドセットを使って会話をしました。

するとどうでしょう!日本語が上手くなってる!!
発音も良くなっているし、文法もかなりまともになっています。ほとんどの会話が理解できます。

それを本人に伝えると、「JUNKOさんとのメッセージのやり取りで鍛えられたのと、JUNKOさんが私の日本語に慣れてきましたネ」と言います。あぁそうか。確かに私は表現が間違っていたら容赦なく訂正してきたし、間違っているとまでは言えないけどどこか奇妙な日本語に慣れてきたかもしれません。しかし何にせよ、日本語が上達しているのは確かなようで、日本語の先生を自負している私も一安心です。

時々、どうしてそんな事まで知っているの?と聞きたくなるほどよく日本語や日本の事を知っていることがあります。

たとえば先日、メッセージのやり取り中に、「JUNKOちゃんと呼んでいいですか?」と聞いてきました。私の方が年下なので、そう呼ぶものだと思っているようです。
しかし私はその質問を受けたとき、たまたまテレビに熱中していて、しばらくメッセージを返すのを放って置いたら、

JUNKOちゃん
JUNKOさん
JUNKOさま
へいか
Miss JUNKO
だいじょうぶ?

と聞いてきました。ふとパソコンを見たらこう書いてあったので、私は思わず笑ってしまいました。陛下なんてよく知ってますよねぇ本当に。そして私が何でもいいですよと答えると、その時はじゃぁJUNKOちゃんにしようと落ち着いたはずなのですが、その後はまたなぜかJUNKOさんに戻っています。一番呼びやすいのでしょうかね。

そんなこんなでとても楽しくお喋りをしているのですが、このトルコの友人のおかげで、私はとある日本人女性と知り合うことができました。トルコ在住のこの女性に私はすごく感銘を受ける事になるのですが、それはまた別の話で・・・
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://junko5959.blog79.fc2.com/tb.php/107-2f7ffbd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。